antique boutis

antique boutis

南フランスの伝統キルト'boutis'(ブティ)。
その歴史は古く17世紀まで遡ります。
boutisとはプロヴァンス語で「詰める」という意味。
2枚の白く薄い布をパターンに沿って刺繍し、その内側にコットンヤーンを詰め立体的に模様を浮かび上がらせる技法を使ったキルトです。
中世シチリアのトリスタンキルト(ケルトの説話であるトリスタン物語をモチーフとした刺繍)がブティの原型と言われています。
大変根気のいる細やかな手刺繍です。
生地は表にコットン、裏にリネンが用いられ、朗らかな花模様や星のパターンが配されています。
時を経て得た薄く柔らかな風合いはアンティークならでは。
アンティークブティは現地でも高価であり、状態・雰囲気共良い品を探すのがなかなか難しいのですが、今回素敵なキルトに出会えました。
ソファーカバーやチェストの装飾に良さそうな大きさです。
19世紀のキルトですが大きなダメージなく素晴らしいコンディション。
貴重な一品です。
 
FRANCE 19thc
size :  90.5cm×129cm
note : ごく小さなシミが数カ所ありますが目立つダメージはございません
delivery : ゆうパック60サイズ※
 
※関東 信越 北陸 東海 東北/600 近畿/700 中国 四国/900 九州 北海道/1100 沖縄/1100
    ¥48,400価格

    © 2019 le trot