petit panier

petit panier

19世紀、鉄道の発達でパリから地方への移動が盛んになり、温泉地には多くの人々が訪れるようになりました。

ホテルやカジノ、舞台などの娯楽施設も備わり社交場としても華やいだそうです。

この小さな柳の籠は、温泉水を飲む為のグラスを収めるケースです。

フランスの湯治において、入浴と同様に飲用療法は重要視されていました。

凝った透かし編みの模様や細やかな留め具の意匠が、当時の温泉地の繁栄を感じさせます。

涙型なのはおそらく持ち手付のグラスがセットだったからなのでしょうが、籠として面白い形です。

ちょうど良いサイズの何か...または裁縫道具など入れても可愛いらしいかなと思います。

大変しっかりした造り。状態も良好です。

 

FRANCE late19thc

size :  11cm×8cm(最長部) 高さ6.5cm 革紐長さ37cm

delivery : ゆうパック60サイズ※

 

※関東 信越 北陸 東海 東北/600 近畿/700 中国 四国/900 九州 北海道/1100 沖縄/1100

 

    ¥7,700価格

    © 2019 le trot