Cul noir pot

Cul noir pot

タフな佇まいのキュノワールのポット。

18世紀、フランス北西部ノルマンデイ地方でつくられはじめた民藝品。

こちらは、おそらく本来は蓋付きの調理用陶器です。

オーブンやストーブの上で鍋として、またはテリーヌポットとして使われていた品であると思われます。

細かな貫入を帯びた白と、黒(正確には深みのある焦げ茶色)のコントラストが美しく、欠けも器に味わいをもたらせています。

深さがあるので幅広くご活用頂けそうですね。

状態良好です。

 

FRANCE 19thc

size :   上部直径20cm 下部直径18.5cm 高さ9.4cm

delivery : ゆうパック80サイズ※

note : 上部淵に1.5cm程のヘアラインがあります。

※千葉県内/800 関東 信越 北陸 東海 東北/900 近畿/1000 中国 四国/1100 九州 北海道/1300 沖縄/1400

 

    ¥18,700価格