gold tooling hand mirror

gold tooling hand mirror

可憐な小花模様のレザーハンドミラー。

全体に散りばめられた細やかな装飾。

熱した金属工具を用いレザーに金箔を施す金箔押しの技術は、13世紀にモロッコで装丁本装飾の為に生まれました。

その後イスラム圏で発展を遂げ、スペイン・イタリアを経由し、16世紀にフランスに辿り着いたそうです。

レザーの艶と金の煌めき、手仕事のあたたかみが相まり、特有の存在感を醸します。

今回手鏡は初めて出会いましたが、なんとも愛らしく...。

実用的なコンディションです。

ドレッサーコーナーにいかがでしょう。

 

FRANCE late19thc

size : 215mm 12mm 

delivery : レターパックプラス 全国一律/520

    ¥11,000価格

    © 2019 le trot